仕事に飽きた…退職しても後悔しないタイミングはいつ?

仕事に飽きた…退職しても後悔しないタイミングはいつ?

入社して5年も経つとたいていの業務はこなせるようになり、新しく覚えることも無くなると“仕事に飽きた”と感じることもあるかもしれません。ルーティンワークでモチベーションは下がるし、人間関係もマンネリ気味になってしまうとこのままじゃ成長できない…と感じて“会社を辞めて転職する”という選択肢が頭に浮かぶ方もいるでしょう。

今が辞め時?我慢して残るべき?考え出すとキリが無いものです。しかし“仕事に飽きた”という理由で退職しても本当に後悔しないのでしょうか。

退職しても後悔しないタイミングの見極め方をご紹介していきますので、これからの働き方にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

仕事に飽きたということ

どのような刺激でも繰り返し受けることで「慣れ」を感じ、その結果「飽き」が生じてきます。この現象は生存のために環境へ適応しようとする生理機能であり、この働きによって新しい業務に慣れていき、次第に仕事に飽きたと感じるようになるのです。

仕事に飽きた時の一番の弊害は、緊張感が無くなりモチベーションが低下して集中力が散漫になることではないでしょうか。その結果、仕事のミスが増えたり将来への不安を感じるようになり、仕事に飽きたから辞めたいという気持ちが増幅していくのです。

まずはメリット・デメリットを考える

会社を退職するという選択は簡単ですが、転職はそんなに甘いものではありません。もし運良く転職できたとしても一定の期間が経てばまたその仕事に慣れて、飽きたと思うものなのです。どの会社にいてもいずれ仕事に飽きたと感じるのであれば、今の職場でも同じことではないでしょうか。

“仕事に飽きた”という短絡的な考えで退職という結論を出すのは後悔のもとです。選択肢を退職だけに絞るのではなく、まずは今の職場に残ることのメリットと転職するデメリットを考えてみましょう。

福利厚生

退職金や有給休暇の付与日数は勤続年数によって加算されていくので、転職するとまた0からのスタートとなってしまいます。

また育児休暇や介護休暇などの長期休暇はすぐ取得できない企業も多くあります。

昇給・賞与の評価

昇給や賞与の評価も勤続年数が大きく関わっており、転職をすることで年収が下がるリスクは大いにあります。

人間関係

現職での人間関係がさほど悪いわけではない場合、転職先での人間関係は大きな不安要素となります。

自分のスキルを振り返る

ただ“仕事に飽きた”という理由だけで退職する場合はリスクがありますが、同じ会社で働き続けることのメリットを鑑みても挑戦したい仕事があったり、もっとキャリアアップを目指したいといった前向きな考えが揺るがない時は退職を検討するべきではないでしょうか。

でも意欲だけで希望の職種に転職できるとは限りません。それに見合ったスキルや必要な資格が備わっているか振り返り、冷静に自分を評価してみましょう。希望の職種に合った資格を転職前に先に取得しておく方が有利に転職可能となるでしょう。

今いる会社を辞める絶好のタイミングとはつまり、自分のスキルを磨きベストな待遇での転職を成功させた時ではないでしょうか。

まとめ

ただ仕事に飽きたと感じただけで具体的な目標を持たず、また自分に訪れるライフイベントを考慮しない転職の場合、後悔する可能性が高くなります。将来的に出産を希望する女性であれば、産後の復職はもとより育児中の時短や残業など働きやすさも考慮すべき点です。

後悔しない選択をするためには将来を見据えて、仕事に飽きたという感情に流されないことが何よりも大切なのではないでしょうか。

KIA
2人の子供と旦那をこよなく愛するワーキングマザーです。ヘアメイクをしていた経験を活かし、美しく元気な女性になれるヒントを発信していきます!

【あわせて読みたい】

仕事に飽きたら試したい5つの方法

職場の人間関係で悩まない為の秘策

新入社員が会社を辞めたいと思う時。傾向と対策

職場にいる『嫌いな人』のタイプ別取扱説明書

待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。
未来に起こる衝撃の真実を導く話題の『真実の診断』ではスピリチュアル鑑定師があなたの運命の日がいつかを細かい鑑定結果にしてズバリ教えてくれます。

近日中に起こる運命を知りたい方は、今すぐお試しください!