今すぐ仕事を辞めたいのに転職先が決まらない!と焦っているあなたへ

今すぐ仕事を辞めたいのに転職先が決まらない!と焦っているあなたへ

仕事を早く辞めたい…でも転職先が決まらないから辞められない…でも辞めたい。朝、目覚めた瞬間からそんな思考に陥っているという方はいませんか?

給料が低い、職場の人間関係が悪い、仕事内容が合わない、ちゃんと評価されない…辞めたい理由は人それぞれでしょう。でも今すぐ仕事を辞めてしまったら、すぐに転職出来るのか不安に感じているのではないでしょうか。

そこで限界を迎えたあなたの不安が、少しでも解消される情報をご紹介していきます!

転職先が決まらないのに辞めちゃった…

どうしても耐えられない!勢いあまって退職を申し出てしまったという経験はありませんか。辞めること自体に後悔はないけれど、現実的な問題は山積みのはずです。

仕事を辞めてから転職先が決まるまで、まずはやっぱりお金の問題が重くのしかかってきます。次の仕事がすぐに決まる保証はなく、無職の期間が長期化すると経済的な問題が精神的に大きなプレッシャーを与え、結果的に望まない転職をしてしまうケースは珍しくありません。

仕事を辞めたいと思っていたときは、これ以上転職回数を増やしたくないし次こそは腰を据えて働ける職場で働こうと決めていたはずです。仕事を辞めても精神的に追い詰められず、じっくり転職活動をするにはある程度の貯金があるといいでしょう。

仕事を辞めて、転職するときに貯えておくべき金額

それでは実際にどれだけの貯金があれば、仕事を辞めても落ち着いて転職活動が出来るのでしょうか。まずは生活費から考えていきましょう。

次の仕事が決まる前に退職した場合、一般的に6ヶ月は暮らせる程度の貯金を用意するのが望ましいと言われています。一人暮らしか実家暮らしかによっても生活費の金額は異なるので、自分のライフスタイルや収入に合わせて出来るかぎり余裕を持った貯金が必要です。

また生活費の他に必要なのが、転職活動費です。交通費や証明写真、昼食代など1回にかかる費用は数百円の単位でも、回数を重ねれば大きな金額になります。納得出来る転職先を見つけるためには、ある程度の費用が必要となるでしょう。

それ以外の費用で意外と盲点なのが、社会保険料と住民税ではないでしょうか。仕事を辞めて会社の社会保険から脱退したら、転職先が決まるまで自分で国民健康保険と国民年金に加入することになるので自分で負担していくことになります。また前年の所得に課せられる住民税も納付しなくてはいけないので、退職金が一気に目減りしてしまう可能性もあります。

仕事を辞めてから転職までの期間が短くても、ある程度の金額が必要だと言えるでしょう。

退職したらもらえるお金

退職後に給付されるのが、失業手当です。でもこの手当を受給するには、原則として雇用保険の加入期間が12ヶ月以上ある事、失業状態で求職中であること、月の労働日数が11日以上あることなどが要件となっています。

失業給付金は、在職中の賃金がベースとなります。また退職理由が自己都合なのか会社都合なのかによって要件も給付日数も異なるので、会社都合である特定受給資格の範囲と自分の労働環境などを改めて考えてみてください。

まとめ

自分にとっては今すぐ仕事を辞めて転職したいと感じる職場でも、他の誰かにとっては天職と思える職場なのかもしれない…ということは、あなたにとっての天職も他にあるのかもしれません。

とはいえ、現実的な問題は解消されるわけではありません。仕事を辞めたい理由や自分の環境を考慮して、転職先でなりたい自分を目指しましょう!

KIA
2人の子供と旦那をこよなく愛するワーキングマザーです。ヘアメイクをしていた経験を活かし、美しく元気な女性になれるヒントを発信していきます!

【あわせて読みたい】

仕事に飽きた…退職しても後悔しないタイミングはいつ?

仕事が続かない女性…原因は一体何?

職場で孤立…状況を打破する4つの方法

職場で上から目線の上司の対処法はある?

やる気が出ない時に。スイッチを強制的に入れる方法

使用者の93.5%がお腹痩せに成功!

おばさん体型だった私がくびれを手に入れた!

成功者続出!SNSでも話題沸騰!人気爆発中!

脂肪燃焼ダイエットパッチ【ヒートスリム42℃】

おなかに貼りつけるだけで、ハタチの頃
スリムな体型に!

世界初の仕組み「熱生成システム」が脂肪に直接アプローチ...続きを読む