気持ち悪い…これってセクハラ?知らなかったセクハラの定義

気持ち悪い…これってセクハラ?知らなかったセクハラの定義

上司や同僚などの言動で「ん?」と違和感を感じたことはありませんか?

セクハラなんじゃないかと思うけど、気のせい?ただのコミュニケーション?自意識過剰なだけなのかも、と悩む人は多いでしょう。でも相手の言動に対して不快感があるなら、本格的なセクハラへとエスカレートする前にどうにかしたいはずです。

そこで敵を知り己を知れば…ということで、定義や事例など気になるセクハラ事情を詳しく調べてみました。女性の自己防衛として、ぜひ頭に入れておきましょう!

セクハラとは?

セクハラとはセクシュアルハラスメントの略称ですが、これは職場での力関係を背景にして行われる性的言動のことを指します。一例として身体に触れたり性的な発言だけではなく、人目につくところにヌードのポスターを貼ることや女性の名前をちゃん付けで呼ぶこと、性別からの決めつけ(女だから~、男のくせに~など)や業務と関係ないのに年齢を聞くことなども労働者の就業環境が害されるため、セクハラに含まれます。

また男性から女性への行為に限らず、女性から男性や同性同士の場合も相手が不快に感じればセクハラとなります。男性同士の事例として、後輩が望んでいないのに風俗店に誘ったり、彼女の有無を聞くなどの行為もセクハラと言えるでしょう。

セクハラの定義と分類とは?

セクハラは、意に反する性的な言動への対応によって雇用や労働条件に関する不利益をあたえる「対価型」のセクハラと、変な噂を流されたり体をさわられる等といった「環境型」のセクハラに分類されます。

また恋愛や結婚・生理や妊娠などに関して話題にしたり、飲み会の席でお酒をつがせることやカラオケでデュエットを強要することなども対価型のセクハラだと言えます。

例えば「キレイだね」や「キミが入れたお茶は美味しい」「スタイルいいね」など男性にはセクハラのつもりがなく褒めたつもりでも、相手が望まない性的な言動であれば、それはもう完全なセクハラです。はじめは男性の些細な悪ノリだったことが無意識のうちにエスカレートしてしまい、懲戒解雇が認められた事例もあります。

感じ方には個人差があるものの、あなたが「いや」だと感じるかどうかが判断基準となります。周りの女性と比べる必要はありません。

セクハラを止めさせたい!その対処法は?

上司からのセクハラは、社内での立場が邪魔をして我慢してしまう女性が多いのではないでしょうか。でも黙って我慢をしていると「嫌がっていない」と勘違いさせてしまい、上司の言動がエスカレートしてしまう可能性があります。

セクハラの対処法としてまず一番はじめに取り組むべきことは、不快に思っていることや拒否していることを相手にわからせることです。何も言われない=OKだと勝手に解釈される前に、しっかり不快な気持ちを伝えましょう。

1人で対抗できない場合は、信頼できる職場の女性に相談して仲間を作ることもポイントです。セクハラを受けている現場を第三者が確認することで「勘違い」などと言い逃れもできなくなります。不快だと思ったら、1人で抱え込んではいけません!

まとめ

職場の男性社員同士が卑猥な話で盛り上がっていた場合など、少しでも不愉快だと感じることがあればセクハラだと言えるのではないでしょうか。

職場の雰囲気を壊したくないから…と我慢をせずに、社内のしかるべき窓口などで相談することも検討してみましょう。

KIA
2人の子供と旦那をこよなく愛するワーキングマザーです。ヘアメイクをしていた経験を活かし、美しく元気な女性になれるヒントを発信していきます!

【あわせて読みたい】

マジ切れ寸前!?むかつく上司のタイプ別対処法

職場で孤立…状況を打破する4つの方法

職場で上から目線の上司の対処法はある?

職場の人間関係で悩まない為の秘策

嫌われる勇気が無いから嫌と言えない…人付き合いに悩むあなたへ

あなたの人生の転機・運命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。
当たると評判の占い「天声神語」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!