人間ドックで受給できる!健康診断を活用した助成金ってなに?

人間ドックで受給できる!健康診断を活用した助成金ってなに?

健康診断や人間ドックなど、医療機関で定期的に健診を受けていますか?

総務省の調査によると、4割近くの方が非正規雇用として働いているという統計結果となっていますが、正規雇用ではないと会社での健康診断が義務付けられていない雇用契約もあるので、定期的に健康診断を受けていないという方も多いのではないでしょうか。会社で健康診断の制度がないから、個人負担で健診を受けてみようと思っても予想以上に高額で驚いたという方もいるでしょう。

そこで非正規雇用の方に健康診断や人間ドックを受診させると、会社が助成金を受給できる制度を詳しく見ていきましょう。非正規雇用の方でも、事業主負担で健康管理ができる近道かもしれません。

キャリアアップ助成金の健康診断制度コースとは

キャリアアップ助成金という制度があるのをご存じですか?キャリアアップ助成金とは、非正規雇用労働者の正社員化、人材育成、処遇改善に取り組んだ事業主に対して助成する制度です。

キャリアアップ助成金には様々なコースがあり、そのうちの一つに健康診断制度コースがあります。非正規雇用である有期契約社員の健康を維持してキャリアアップを目指すという趣旨の制度であり、非正規社員の就業規則に健康診断制度を制定して、延べ4人以上に適用することで受給対象となるものです。

対象となる従業員が健康診断や人間ドックを受診する時点で雇用保険に加入している非正規社員であることが主な要件なので、中小企業の経営者にとっても取り組みやすい制度なのではないでしょうか。

健康診断制度コースの人間ドック

この健康診断制度コースは、さらに「雇入時健康診断」「定期健康診断」「人間ドック」の制度に分かれています。

なかでも「人間ドック」は、基本健康診断に加えて胃がん・子宮がん・肺がん・乳がん・大腸がん・歯周疾患健診・骨粗鬆症健診のうち、いずれか1つを選択して受診することが出来るのです。婦人科系の検診をはじめ、骨粗鬆症や大腸がんなど女性にとって気になる項目が選べるのでとてもメリットのある内容ではないでしょうか。

事業主が助成金を受給するまで

この健康診断制度コースを活用して非正規雇用者が健康診断もしくは人間ドックを受診すると、中小企業であれば38万円の受給対象となります。助成金を会社が受給するための流れを見ていきましょう。

手続きの流れ

まず計画期間や管理者等を決めて、キャリアアップ計画書という書類を管轄労働局長へ提出して確認を受けます。

許可がもらえたら健康診断制度を入れた非正規社員用の就業規則を制定して、労働基準監督署に改定後の就業規則を届け出ます。10人未満の事業所の場合は、届け出ではなく事業主と労働者代表の署名及び押印による申立書でもOKです。

制定した就業規則に基づき、延べ4名以上の有期雇用社員に健康診断もしくは人間ドックを受診させます。その際に健康診断の場合は全額、人間ドックの場合は半額を会社が負担します。

4名全ての受診が終わり、受診月の賃金を支給した日の翌日から2か月以内に支給申請を行うと、助成金が受給できるという流れになっています。

まとめ

有期雇用社員に健康診断もしくは人間ドックを受診させると、事業主が助成金をもらえるという制度は、非正規雇用者にとっても事業主にとってもお得な制度と言えるでしょう。

定期的な健康診断は、健康維持や病気の早期発見等に有効です。非正規雇用だからこそ対象となるキャリアアップ助成金を、ぜひ上司へ提案してみてはいかがでしょうか。

KIA
2人の子供と旦那をこよなく愛するワーキングマザーです。ヘアメイクをしていた経験を活かし、美しく元気な女性になれるヒントを発信していきます!

【あわせて読みたい】

助成金や給付金で、女性だけが得をする?!利用しないと損する制度とは

お金を貯める方法6選!ルーズな私も大丈夫!?

仕事に飽きた…退職しても後悔しないタイミングはいつ?

美魔女を目指そう!アラフォーのキレイは日々の積み重ねで作る!

あなたの人生の転機・運命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。
当たると評判の占い「天声神語」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!