助成金や給付金で、女性だけが得をする?!利用しないと損する制度とは

助成金や給付金で、女性だけが得をする?!利用しないと損する制度とは

助成金や給付金など誰でも一度は耳にしたことはあるものの、自分には縁のないハナシ…そんなふうに思っていませんか?実は助成金や給付金って、知っている人しかもらえないお金なんです。

今回は数ある助成金などの中から、女性だけがもらえるお金についてご紹介していきたいと思いますので、助成金について詳しく知って、得しちゃいましょう!

助成金や補助金ってなに?

そもそも助成金や給付金とは、どういったものなのかご存知でしょうか。一部の特別な人しかもらえないお金、もらえるのではなく借りるお金で返済の義務がある、審査が厳しい…など誤った認識を持たれがちです。

助成金は国や地方公共団体などからもらえるお金のことで、原則「返済する必要のない」お金です。しかし、これらのお金は何もしなくても自動的に該当者に支給されるわけではなく、自発的に国や地方公共団体へ申請しないと受給できません。

では返済する必要の無いお金がもらえるのに、どうして申請する人が少ないのでしょうか。これらの助成金は誰もが知っているようなものが少なく、ほとんどのものが”知られていない”からです。また助成金を受給するためには必要書類の提出やある一定の要件が伴うこともあり、多くの方が申請すればもらえる助成金をもらわずに過ごしている可能性があります。調べてみれば、実は女性だからこそ受給できる助成金がたくさんあるかもしれません。

知って得する、女性が嬉しい助成金

女性が得する助成金の一例を詳しくご紹介します。該当する方は手続きなどが面倒だと思わず、積極的に申請して助成金をもらいましょう。

若手・女性リーダーの応援プログラム

これは東京都と公益財団法人東京中小企業振興公社による、若者や女性の開業を支援する助成金で、新規開業をする起業家のサポートとともに都内商店街の活性化を目的としています。

女性と39歳以下の男性が対象となっており、女性には年齢制限がないことからも分かるように女性に優位な助成金です。新規事業の立ち上げ時に必要となる事業所整備費が最大400万円も受給できるので、都内で起業を目指す女性にとっては願ってもいないチャンスです。

出産手当金と出産一時金

出産育児に関わる給付金や助成金は、他の制度と比べると一般的にも比較的認知度のあるものではないでしょうか。

よく混同されがちではありますが、出産手当金は加入している健康保険協会から給付されるお金で、出産のために勤めた会社を休んだ場合に、給料の代わりに1日につきお給料の2/3(日額)が支給されます。もしすでに退職していても、健康保険の資格喪失から6か月以内であれば受給できるので、あきらめずに確認することが必要です。

それに対して出産一時金は出産したときに支給されるお金で、産後に一児につき42万円が支給されます。この出産一時金は出産費用に直接充てることが出来るよう、健康保険協会から一時金を直接支払う仕組みもあるので、事前に費用を用意せずに出産費用を支払うことができます。

まとめ

女性が受けられる助成金や給付金は、これだけではありません。働く女性を応援する助成金や子育てに関する手当金など、社会で働く女性や育児に奮闘する女性を支援するお金の予算は毎年組まれています。

助成金などについてもっと知りたい、気になる方は、厚生労働省などのサイトをチェックしてみるのもおすすめです!

KIA
2人の子供と旦那をこよなく愛するワーキングマザーです。ヘアメイクをしていた経験を活かし、美しく元気な女性になれるヒントを発信していきます!

【あわせて読みたい】

どこに行っても「女性用」いったいどんな意味?得はするの?

ぜひ行きたい!誕生日にお得な特典が受けられるスポット

絶対お得!大ブームの「ふるさと納税」がいま熱い!

お金を貯める方法6選!ルーズな私も大丈夫!?

使用者の93.5%がお腹痩せに成功!

おばさん体型だった私がくびれを手に入れた!

成功者続出!SNSでも話題沸騰!人気爆発中!

脂肪燃焼ダイエットパッチ【ヒートスリム42℃】

おなかに貼りつけるだけで、ハタチの頃
スリムな体型に!

世界初の仕組み「熱生成システム」が脂肪に直接アプローチ...続きを読む