やる気が出ない時に。スイッチを強制的に入れる方法

やる気が出ない時に。スイッチを強制的に入れる方法

やらなければいけないことがあるのに、どうしてもやる気が出ないときってありますよね。やる気スイッチが全く入らず、時間が迫ってきてようやく始めたり、結局なにもせずに一日の終わりを迎えたりで後悔した経験はありませんか?
何度も経験を繰り返して自分でもわかっているので、今回こそは!と思っていても、いざ行動する直前になると他の事が気になりはじめたり、体が動かなかったりすることはよくありますよね。
今回はやる気が出ないときに強制的にやる気スイッチをいれる方法をご紹介します。
計画は完璧!でもやる気がでなくて計画倒れ…になってしまわないように自分のやる気スイッチの入れ方を確認しておきましょう。

やる気を奪っているものを排除する

さて、まずは考えてみてください。
何かをやろうと思っているのになかなか動き出せないでいるとき、あなたは何をしていることが多いでしょうか。
お布団でヌクヌク?特に興味のない番組が放送されているテレビを見ていますか?それともスマホアプリでゲームをしているでしょうか?
やる気スイッチを強制的にいれる時は、やる気を阻害するものを排除してしまいましょう。
まずは布団から出る。テレビは消して!スマホは一旦目につかない場所に置くなどしてみましょう。

お気に入りの服、気合を入れたメイク

何事も形から入るのも、やる気スイッチをいれるのに効果的ですよね。
やる気が出ない時は、お気に入りの服に着替えたり、気合いの入ったメイクをしたりしてみると気分も上がって良いのではないでしょうか。
ただしこれから始めようと考えている事が掃除なのに、ふわふわスカートの服装に着替えてしまっては逆効果ですので、TPOに合うやる気の出そうな服装を選んでくださいね。

やるべきことをリストアップする

やる気スイッチを強制的に入れたいなら、やるべき事をリストアップしておくこともおススメです。
リストの形式はどんなものでも大丈夫ですが、なかなかやる気の出ない“嫌な事”に取り組む時や、やる気になれそうにない気分の時ほど、出来るだけ細かく細分化してリストにしておくと良いですよ。
どうしてもやる気が出ない時ほど細かいリストアップが効果的ですので是非実行してみてくださいね。

やる気のために軽い運動をする

軽い運動をすると血流が良くなり、思考がクリアになります。また、動き始める勢いも付きますので、やる気が出ない時は準備運動をしてみましょう。
いかがでしょうか?少しやる気が湧いてきたのではないでしょうか?

一番簡単で一番身近な事をやる

強制的にやる気スイッチを入れる際に効果的なのは、一番簡単で一番身近な事を選ぶことです。
ここで、先ほどのリストアップが役に立ちます。リストの中に、2~3分あれば出来上がりそうなものはありますか?
または、今いる場所から1歩も動かずに完結できる内容のものはありませんか?
すぐに終わることや、動かずに出来ることから始めると緩やかにやる気スイッチをONにすることができます。
例えば部屋を掃除したい場合は、まずはテーブルのゴミの処理や整頓から始めます。次に手の届く範囲の物を整頓…と徐々に活動範囲を広げていくと、勢いが付きますよね。

5分だけだよ?しぶしぶやってみる

特に“嫌な事”をやるときにおすすめなのは、「5分だけ」と時間を区切って“嫌な事”に挑戦することです。
実際に(本当に嫌すぎる項目であれば)タイマーで5分図ってもOKです。
実は、作業を始めることによって脳神経を刺激し、やる気スイッチを入れることができます。
気が付いたら“嫌な事”が終わっていた…なんてこともあるかもしれませんよ。
また、本当に5分しか持たなければ、また仕切り直して「5分だけ」作業してください。たったの5分の作業でも繰り返せば30分、1時間になりますよね。“嫌な事”の目途がついてくる頃には「早く終わらせてしまいたい」というやる気スイッチが入っているのではないでしょうか。

たまには手を抜いてみる

人間ですからどうしてもやる気の出ない日もあります。
手を抜いてもできることをリストの中から見つけ出してやってみるのはいかがでしょうか。
ゴロゴロしながらできる事。今いる場所から動かなくてもできる事。今あるものだけで出来る事。などありとあらゆる手抜き作業をやってみてください。
そのうちにやるべきことは終わっているかもしれませんし、もし終わっていなくても翌日の作業には随分違いがあるはずです。

達成したらどうなるのか、妄想する

人は『メリット』をはっきり認識できていないとなかなかやる気が出ないと言われています。
強制的にやる気スイッチを入れるなら、その事を達成したら自分が得られるメリットをしっかり認識することが大切です。

終わった時のご褒美を決める

メリットがわかっていてもやる気が出ない…。そんな時は自分でメリットの上乗せをしてしまいましょう。
終わった時のご褒美を用意しておくのです。
例えば、掃除が終わったらケーキを食べていい事にしてあらかじめケーキを購入しておけば、がんばる理由が目の前にありますので、成し遂げやすくなりますよね。
また達成してからのご褒美も大切ですが、目標達成までに長期間要する場合は細かくご褒美も設定しておくと良いですよね。先ほどご紹介した「5分だけ」がんばる方法も、5分がんばったら手に入る小さなご褒美を用意しておくと次の5分もがんばれるのではないでしょうか?

睡眠はしっかりとる

最近やる気が出ないな…と感じているなら、生活習慣にも見直しが必要かもしれませんね。
特に睡眠不足は、集中力の低下につながりやる気も低下してしまいます。
やる気の出ない日々が続いている方は、たまには早めにベッドに入ってゆっくり眠ると違いが出るかもしれませんよ。

まとめ

誰だって、やる気が出ない日ややりたくない事はありますよね。しかし、“やりたくない”“やる気が出ない”と先延ばしにしても、いずれやらなければいけない事。出来れば早めに片付けておきたいですよね。
今回ご紹介した強制的にやる気スイッチを入れる方法、是非活用してみてくださいね。

水川_スルメ
元自動車部品設計士で、着物と手作りと美容が大好きなwebライター。女性が家庭や社会でもっとステキに輝ける記事、毎日をさらに楽しくする記事を目指しています。

【あわせて読みたい】

勉強のやる気が出ない…ためしたい5つの方法

不安な時に。早く解消して心を軽くする方法

気持ちが沈む時に試したい心のケア方法

小さい胸がコンプレックスで、彼と一線を越えられない。

自分がイヤだと思っているコンプレックスの胸を見て、好きな人も相応にイヤだという反応をしたら、ショックが大きすぎて立ち直れなくなりそうで恐い。という気持ちはよくわかります。

胸を大きくする方法はたくさん出回っていますが、胸が大きくなるメカニズムを無視した方法だと大きくなりません。

そんなあなたにおすすめはこれ

LUNAハーバルサプリメントプレミアム

コールセンターで女性スタッフが購入に関するお問い合わせだけでなく、飲み方・LUNAダイアリーに活用についても応えてくれますよ。