匂わせ女子は嫌われ女子!?その実態に迫る!

匂わせ女子は嫌われ女子!?その実態に迫る!

みなさんは、SNSで多数出没している匂わせ女子をご存知でしょうか。匂わせ女子は、SNSが普及するにつれて少しずつ増えています。

芸能人にも匂わせ女子と言われている人がいますが、その行為によって同性から嫌われていることが多いでしょう。女性のみならず、男性にも不快な思いをさせていることが少なくありません。

では、今回は匂わせ女子の実態に迫ってみましょう。みなさんの身近に、イライラを刺激するような匂わせ女子はいませんか?

匂わせ女子とは?

匂わせ女子とは、SNSで自分の状況や気持ちをストレートに伝えず、見た人に察することを要求する女性のことを言います。

例えば彼氏ができた時に彼氏が出来たと報告せずに、おそろいの物を載せたり2つ並んだ料理をアップすることで恋人の存在を匂わせます。“彼氏ができた”と一言書くだけで周囲に伝わるものですが、あくまでも受け身体勢で見た人に気づかれたいのです。そして周りから「彼氏ができたの?」と、突っ込まれたいと思っています。

恋人ができた時だけではなく、結婚や妊娠など人生の節目に当たるような時でも、同じように匂わせるだけの女性もいます。しかし場合によって、または関係性によっては失礼にあたる行為かもしれません。結婚や妊娠等、大きなイベントの時はきちんと伝えるべき人には伝えることが、大人として最低限のマナーではないでしょうか。

匂わせ女子に対する周りの印象

匂わせ女子に対する周囲の印象は、いいものではありません。例えば“面倒な女”“痛い女”“鼻につく”等、悪い印象を与えることが多いでしょう。匂わせ女子は同性からだけではなく、男性からも面倒だと思われることが少なくありません。

匂わせ女子は根本的には自慢したいという気持ちが強いので、匂わせることで周囲からその気持ちを見透かされているのです。自慢したいのであれば、いっそはっきり自慢してくれた方が潔いとさえ思わせてしまいます。

匂わせ女子は、本人が思っている以上に周囲の反感を買っているようです。

匂わせ女子の心理って?

では次に、匂わせ女子の心理を見ていきましょう。一体なぜ、ストレートに伝えることを避けるのでしょうか。

自慢したいけど反感を買いたくない

今の状況を自慢したいけれど、はっきりと自慢してしまうと周囲から反感を買うかもしれないと考え、あえて匂わせるようなSNSをアップしてしまう場合があります。自慢をしたことで、周りから敵視されることを避けたいのでしょう。

しかし匂わせ女子本人の思惑とは異なり、まわりくどい書き方をすることで“嫌な女”のレッテルを貼られてしまうことが多いようです。

隠さなきゃいけないけど自分の存在をアピールしたい

社内恋愛や不倫等、自分の存在を隠さなければならない恋愛をしている時も匂わせ女子になることがあります。

このケースは、基本的に恋愛をオープンに出来ない芸能人にも多いようです。恋愛をしていることや恋人の存在を隠さなければならないけれど、自分の存在はアピールしたくて堪らないという自己顕示欲が強いため、匂わせ女子になるのです。

男性からすると、秘密の恋をあえて匂わせる女性の行為は理解できないものかもしれません。女性から見ても恋愛を匂わせる女性は、自己陶酔している嫌な女と思われることが少なくないでしょう。

マウンティング目的の人もいる

匂わせ女子の中には、マウンティング目的でSNSに書き込む人もいます。

例えば、友達の彼氏よりも自分の彼氏の方が優れていることをアピールしたい時、誰のこととははっきりと書かずに友達の彼氏を見下すような発言をします。それに加えて、自分の彼氏を褒めて優越感に浸るのです。

この場合、読む人が読めば誰のことを書いているのか明確です。匂わせ女子本人もマウンティング目的なので、バレるかバレないかのギリギリの書き方をします。このタイプの匂わせ女子は、まさに女性から“嫌な女”と思われるでしょう。

まとめ

匂わせ女子とは、SNSの中ではっきりと言葉にして報告せずにそれとなく匂わせて、周囲に察してもらおうとする面倒な女性のことを指します。自慢したいのであれば、いっそのことはっきり言ってくれた方が潔いかもしれません。

また匂わせ女子本人にそのつもりはなくても、場合によっては直接報告せずに察してほしいというスタンスは失礼にあたります。

匂わせ女子の行為は、周囲を苛立たせるだけの不必要なものと言えるのではないでしょうか。

ととはる
読者の皆様に寄り添える記事を心掛けております。

【あわせて読みたい】

嫌われるSNSになってない?不愉快にさせるブログとは

マウンティングしあう女たちの実情!女同士は怖い…

あなたは大丈夫?実は人に嫌われる10個の悪い癖

痛い女あるある5つ。もしかして私…?

小さい胸がコンプレックスで、彼と一線を越えられない。

自分がイヤだと思っているコンプレックスの胸を見て、好きな人も相応にイヤだという反応をしたら、ショックが大きすぎて立ち直れなくなりそうで恐い。という気持ちはよくわかります。

胸を大きくする方法はたくさん出回っていますが、胸が大きくなるメカニズムを無視した方法だと大きくなりません。

そんなあなたにおすすめはこれ

LUNAハーバルサプリメントプレミアム

コールセンターで女性スタッフが購入に関するお問い合わせだけでなく、飲み方・LUNAダイアリーに活用についても応えてくれますよ。