彼氏から溺愛されている…と感じるのはこんな時!

彼氏から溺愛されている…と感じるのはこんな時!

彼氏に溺愛されていると感じる時がありませんか。ラブラブなカップルとして幸せを感じることもあれば、彼氏の気持ちが少し重い…と思うこともあるかもしれません。

では彼氏に溺愛されていると感じるのは、どんな時でしょうか。

外でもくっついてくる

二人で密室にいる時だけではなく、人目のあるような場所でも気にせずくっついてくる彼氏もいます。

彼氏に溺愛されていると感じて、最初は可愛いなと思う女性もいるかもしれません。でも段々と人目が気になり、不快な気持ちを持ってしまう場合もあります。もし不快に感じているなら正直に彼氏に言わなければ、伝わらない場合が多いでしょう。

彼女を溺愛しているから外でも平気でくっついてくる場合、彼氏にとって習慣になっている可能性があります。自分も外でいちゃいちゃするのが好きだと思うならいいですが、嫌だと思うなら優しく伝えることも必要になるでしょう。自分の思いを言わないと、どんどん彼氏の行動がエスカレートしてくる恐れもあるかもしれません。

LINEの数が多い

毎日何度もLINEをしてくる彼氏は、溺愛されているというよりも、まるで彼女の行動を見張っているように感じるものです。できれば1日に数回くらいにしたい…と思う女性もいるでしょう。

回数を減らしたいと思うなら、相手に対する返信を少し遅くしてみましょう。遅くすることで、こちらのペースに気がついて「もしかしてLINEを送りすぎていたかも」と感じる場合は多いです。すぐに返信をせずに、できるだけ返信を遅らせて「ごめんね。返信が遅れて」と書くようにしましょう。謝らずに遅れるだけにしてしまうと、彼女を溺愛している彼氏が傷つく可能性があるので気をつけましょう。

すぐにヤキモチをやく

すぐにヤキモチをやいてすねる彼氏を見て、溺愛されていると感じて可愛いと思う女性もいれば、面倒で嫌だなと思う時もあるでしょう。

溺愛している女性に対してヤキモチをやくのは、当然と思うような男性もいます。反対に男がヤキモチを焼くのは、かっこ悪いと思う男性もいますが、人によっては彼女に対する愛情が強いんだから仕方がないと開き直るようなケースもあるでしょう。開き直られると、なかなか相手の気持ちをコントロールしづらくなります。

彼女を溺愛しているから過剰にヤキモチをやいてくる男性に対して「私のことを信頼してほしい」と誠実に話すようにすると、相手の態度が変わる場合もあるでしょう。

休日は必ず一緒にいる

彼氏から溺愛されて一緒にいるのが当然となり、気がつけば休日は必ず彼氏と過ごしている…というカップルもいるでしょう。

でも時には友達と会いたい、趣味を楽しみたいなどと思うものではないでしょうか。こういう時には例えば午前中から15時までは友達と会って、その後に彼氏と会うなどの工夫をしてみましょう。

土日が休みのカップルなら、女性によってはどちらかの日にデートが出来れば十分と思う気持ちもあるはずです。しかしこの場合も彼氏に自分の意見を伝えないと、彼女を溺愛しているから土日とも一緒に過ごすのが当然だと彼氏に思わせてしまうかもしれません。時には一人で過ごしたい時間もあることを、彼氏に話して理解してもらいましょう。

でもそのことが原因で他の女性に目が行ってしまう場合もあるため、お互いに納得できるデートの仕方を心がけましょう。

彼氏が友達にいつも自慢をする

自分の彼女を友達に自慢する彼氏の心理として、彼女を大好きで溺愛している場合と彼女が美人なのでステイタスのように思っているケースがあります。

自分のことを彼氏がどう思っているのかは、自慢の仕方を見ていると分かるはずです。美人とかスタイルがいいなどというような褒め方をして自慢するなら、見た目だけで選ばれている可能性があります。

「俺は彼女にベタ惚れなんだ!」というように溺愛している気持ちを友達に伝えているなら、彼女に対する思い入れがとても強いので、安心してもいいかもしれません。

まとめ

彼氏に溺愛されて嬉しいと感じる時もあれば、もう少し距離を置きたいと感じる時もあるでしょう。

彼女を溺愛するあまり、自分のペースで彼女に動いてほしいと思う男性もいます。でも彼女にも自分のペースがあります。お互いのペースや考え方などについて理解しあったうえで、これからも付き合っていける相手かどうかを見極める必要があるでしょう。

美月
恋愛や男女の心理について書くことが好きなライターです。少しでもお役に立てるような情報を、お届け出来れば嬉しいと思っています。どうぞ宜しくお願いします。

【あわせて読みたい】

包容力のある女性は男性が手放さない!

恋愛心理テクニックで「運命の女性」と思わせるには?

束縛の裏に隠れた意味!対処で変える彼との関係と距離

キスマークは愛情の証?自然な隠し方とふるまい4選

小さい胸がコンプレックスで、彼と一線を越えられない。

自分がイヤだと思っているコンプレックスの胸を見て、好きな人も相応にイヤだという反応をしたら、ショックが大きすぎて立ち直れなくなりそうで恐い。という気持ちはよくわかります。

胸を大きくする方法はたくさん出回っていますが、胸が大きくなるメカニズムを無視した方法だと大きくなりません。

そんなあなたにおすすめはこれ

LUNAハーバルサプリメントプレミアム

コールセンターで女性スタッフが購入に関するお問い合わせだけでなく、飲み方・LUNAダイアリーに活用についても応えてくれますよ。