夫婦円満の為の寝室とは!?同室?別室?どっちがいいの?

夫婦円満 寝室

結婚したカップルにとって、時に不仲の原因ともなってしまう寝室の問題。

結婚20年でも未だラブラブな唐沢寿明さんと山口智子さん夫婦は夫婦円満の秘訣として毎晩手をつないで眠るという発言で話題となりましたが、カップルによっては別室の方が夫婦円満に繋がるということも・・・?

夫婦円満の為に、寝室について改めて考えてみませんか?

夫婦の寝室 同室のメリット

寝室が同室である方が夫婦円満だという説が大半ですよね。

その理由はケンカしてもすぐに仲直りが出来たり、夫婦間のスキンシップが取りやすい点など夫婦円満に繋がる要素が挙げられます。睡眠前にお互いに会話をしたり、コミュニケーションも取りやすいでしょう。

また年齢を重ねていった際にお互いの体調のささいな変化に気づきやすく、病気を早期発見出来ることがあるというのも大きなメリットと言えます。

 

夫婦の寝室 同室のデメリット

元々男女では一般的に快適な温度が異なることが多いです。例えば会社での空調の温度など男女で問題になったりしますよね。

夫婦間でも寝室が同室の場合、どちらかの好みに合わせることとなり片方はガマンを強いられます

また1番大きな問題となるのが「騒音」問題でしょう。睡眠時のいびきや歯ぎしり、寝言など相手の騒音が気になり、睡眠を妨害されてしまうことがあります。

結婚して数年経ち子供が生まれた後によくある問題が、子供の夜泣きです。子供が夜に泣き出した場合、翌日も仕事の夫を起こしてしまうのは申し訳ないと思う妻が別室を提案することがよくあるそうです。

 

夫婦円満には快適な睡眠が重要

寝室が同室の場合コミュニケーションが取りやすく安心感がある反面、どちらかに合わせる必要もあり健康維持に大切な睡眠を妨害されてしまう可能性があります。睡眠不足は体調不良や仕事などの効率低下を招くだけではなく、肥満や記憶力低下、大病の原因にもなります。夫婦円満の為にと思っていたのに睡眠不足でストレスが溜まりイライラしてしまうことで、夫婦仲に亀裂が入ってしまう可能性も・・・。

夫婦円満の為にはしっかりとコミュニケーションとスキンシップを取ることも必要ですが、快適な睡眠も必要不可欠と言えます。

 

快適な睡眠の為の夫婦の寝室のありかた

ではどうすれば良いのでしょうか?

夫婦円満の為にはお互いにストレスを溜めずに快適な睡眠がとれるようにそれぞれのカップルに合わせたスタイルを取ることが重要となります。

夫婦間で快適な温度が同じくらいで特に騒音問題もない場合は、同室で同じベッドで眠るのが1番ではないでしょうか。

ただし布団の厚みの好みや寝相が悪いなどがある場合は同室で同じベッドでも布団を別々にするか、別のベッドをオススメします。

 

エアコンの設定温度が合わない場合や騒音がひどい場合は別室も視野に入れましょう。

適度な距離でお互いの快適度やプライバシーを守りつつお互いの様子が感じられるように大き目の部屋を間仕切りする方法もオススメです。

ただし寝室を別室にした場合は夫婦円満でいる為に意識してコミュニケーションやスキンシップを取るように心がけましょう。

 


 

いかがでしたか?

 

ずっと一緒に暮らしているからこそ、重要となる夫婦の寝室の問題。

夫婦円満、尚且つお互いが快適な睡眠を取れるように同室とするか別室とするか、良く話し合って決めましょう。

 

快適な睡眠でいつまでも夫婦円満に!

 

【あわせて読みたい】

マンネリ解消してもっと彼とラブラブになる方法

サプライズで恋も再燃!?嬉しかったサプライズ

お小遣い制はあり?結婚したらどうするべき?

 

使用者の93.5%がお腹痩せに成功!

おばさん体型だった私がくびれを手に入れた!

成功者続出!SNSでも話題沸騰!人気爆発中!

脂肪燃焼ダイエットパッチ【ヒートスリム42℃】

おなかに貼りつけるだけで、ハタチの頃
スリムな体型に!

世界初の仕組み「熱生成システム」が脂肪に直接アプローチ...続きを読む