脈あり?会話に隠れた好きのサインを見つけよう

脈あり?会話に隠れた好きのサインを見つけよう

片思い中は、彼の何気ない行動でドキドキしてしまうものです。「もしかして“脈あり”なの?」と気持ちが舞い上がったり「やっぱり勘違いかも」とがっかりすることもあるのではないでしょうか。あなたは彼のどんな行動に“脈あり”サインを感じていますか。

“脈あり”サインは、相手を想う気持ちの現れです。行動はもちろん、普段の何気ない会話の中にも沢山の“脈あり”サインが隠れている場合があります。

今回は“会話”でわかる男性の“脈あり”サインをご紹介します。

片思いの相手だけではなく、気にしていなかった男性の脈ありサインに気付くことで、思いがけない恋愛に発展するかもしれません。男性の会話に隠れた“脈あり”サインを見逃さないように、しっかりチェックしておきましょう。

小さな事を覚えている

好きな人が話したことは、興味のない人との会話よりもずっと印象に残りやすいものです。彼があなたとの何気ない会話を覚えていたり、小さな約束を覚えていて果たしてくれたりする場合は“脈あり”の可能性が高いと言えます。

一人称が多い

誰でも好きな相手には、自分をしっかり印象付けたいと無意識に思っているものです。

会話の中に「俺の・・・」「僕が・・・」などの一人称を多く使う男性は、もしかするとあなたに自分をしっかり印象付けたいと、無意識のうちに考えているのかもしれません。

よく“語る”

彼はあなたとの会話の中で、熱く語りだすことはありますか。

例えば将来のビジョンや夢、仕事の目標や趣味への思いなど、男性が女性に対して熱く語る時は「自分の思いを知って欲しい」という脈ありサインかもしれません。

普段と何かが違う

好きな相手と話す時は、やはり誰でも少し身構えてしまったり、緊張してしまったりするものです。あなたと話す時は普段の彼と印象が違うと感じる場合は、もしかすると“脈あり”サインの表れかもしれません。

例えば、あなたと話す時だけ急に無口になったり、口ごもったりしてしまうのは緊張の表れの可能性があります。声の大きさが変わったり、早口になったりする男性もいるかもしれません。

やたらと顔や髪を触るのは緊張を緩和させようとする無意識の行動とも考えられ、口元を隠すのは“自分の気持ちを悟られたくない”という脈ありサインの可能性があります。

二人きりになると急に印象が変わってしまう男性は、もしかするとあなたのことが好きなのかもしれません。

褒める

褒められて嫌な気持ちになる人は、ほとんどいません。彼があなたの容姿や性格を褒める場合、自分の好感度を上げたいと感じているのかもしれません。

ただし“女性を褒める”行為は体目当ての男性がよく使うテクニックとも言われていますので、褒めすぎる男性には注意しておきましょう。

自慢話が多い

男性は、好きな女性には自分の良い部分を見せたいと考える人が多いようです。自分の自慢話や武勇伝が多い場合は“脈あり”の可能性が高いでしょう。

ただし男性が自分をよく見せたいと思うあまり話を盛っている場合もありますので、真偽はしっかり見極めましょう。

会話が途切れない

好きな相手と一分一秒でも長く話していたいと思うのは、とても自然な感情です。

二人きりの会話の中で、ひとつの話題を掘り下げてくれたり次々と新しい話題を提供してくれる男性は“脈あり”の可能性があります。楽しい会話が彼のリードで長く続くようであれば、女性も自然と彼に惹かれていくかもしれません。

まとめ

会話の中に隠れた男性の“脈あり”サイン、いかがでしたでしょうか?

誰でも好きな相手とはたくさん話したいと感じますし、少しでも長く話したいと思うものです。女性でも男性でも、好きな相手と仲良くなりたいという気持ちは変わらないはずです。

また会話の中で自分をアピールしたいという気持ちも、女性と同じなのかもしれません。ぜひ、周囲の男性の行動をチェックして脈ありサインを見つけてくださいね。

水川_スルメ
元自動車部品設計士で、着物と手作りと美容が大好きなwebライター。女性が家庭や社会でもっとステキに輝ける記事、毎日をさらに楽しくする記事を目指しています。

【あわせて読みたい】

LINEで脈ありの内容といえばこの5つ!

もしかして私の事?男性がみせる脈ありサイン

脈なしの男に感じる…でも本当に脈なしなの?

彼に愛される為に気をつけたいこと!聞き上手は愛され上手

使用者の93.5%がお腹痩せに成功!

おばさん体型だった私がくびれを手に入れた!

成功者続出!SNSでも話題沸騰!人気爆発中!

脂肪燃焼ダイエットパッチ【ヒートスリム42℃】

おなかに貼りつけるだけで、ハタチの頃
スリムな体型に!

世界初の仕組み「熱生成システム」が脂肪に直接アプローチ...続きを読む