寝癖とオサラバしよう!寝癖がつかない髪のケア方法

寝癖からオサラバしよう!寝癖がつかない髪のケア方法

何かと忙しい朝、髪に寝癖がついていると寝癖を直すために余計な手間がかかってしまいます。寝癖のせいで思うような髪型にならず、ブルーな気持ちになることもあるでしょう。寝癖とオサラバすることでゆとりが生まれて、快適な朝の時間を過ごすことにもつながります。

寝癖を予防するためのヘアケア法を取り入れて、朝から気持ちのいい1日をスタートさせませんか?

トリートメントを取り入れる

トリートメントには髪の内部の乾燥を防ぎ、髪のパサつきやごわつきを予防する効果があります。しっとりとまとまった髪には寝癖も付きにくくなるので、寝癖に悩まされている方は日々のヘアケアにトリートメントを取り入れてみましょう。

トリートメントには様々な種類がありますが、寝癖予防のために使用するなら洗い流す必要のないトリートメントがおすすめです。洗い流す必要のないトリートメントは手間がかからないため、トリートメントに馴染みが無い人でも手軽に取り入れることができます。ヘアセットや寝癖直しとしても使えるため、手元に置いておいて損は無いでしょう。

髪はドライヤーを使って乾かす

ドライヤーの熱は髪にダメージを与えると思っている人もいるようですが、髪や頭皮の健康を考えるならばドライヤーを使ってしっかりと乾かす方が断然いいです。

自然乾燥にすると髪がパサついたり、頭皮に雑菌が繁殖して臭いの元となったりします。間違った乾かし方で髪や頭皮にダメージが蓄積すると、寝癖がつきやすい髪質になってしまうでしょう。

髪を乾かす時はドライヤーを使用して、髪や頭皮の健康状態を保つことを意識しましょう。

寝癖がつかない髪の乾かし方とは?

髪を洗った後、タオルを頭に巻いたまま長時間過ごしていませんか。 髪は乾く過程で癖がつくため、髪が濡れたまま放置してしまうと余計な癖がつく原因となります。髪を乾かす前についてしまった癖が翌朝に寝癖という形で現れることもあるので、寝癖予防のためにも髪を洗った後はすぐに乾かすようにしましょう。

髪を乾かす時は、髪の根元→毛先の順にしっかりと乾かしてください。根元をしっかり乾かさないまま寝てしまうと、寝癖が付きやすくなったり髪がまとまりにくくなったりするからです。髪の根元をしっかり乾かすためには、手櫛を通して根元にドライヤーの風を当てるようにして、耳の後ろや襟足など乾かし忘れが発生しやすい場所にも風を当てることを意識しましょう。

全体的に髪を乾かし終わったら、仕上げにブローをしてあげましょう。ブローをすることで髪がまとまり、翌朝に寝癖がつきにくくなります。ブローをし終わったら冷風で髪全体の熱を取ってあげると、寝ている間もブロー後の仕上がりが持続しやすくなります。

ナイトキャップを取り入れる

寝る前に髪を綺麗に整えたとしても、寝返りによって寝癖がついてしまうことがあります。寝ている間のダメージからくる寝癖を予防するためのアイテムとして、ナイトキャップが注目を集めています。

ナイトキャップとは寝る時に被る帽子のことで、シャワーキャップのような形をしています。ナイトキャップの中に髪を収納して眠ると、整えた髪形が寝ている間に崩れることや、寝返りによって癖がつくのを防いでくれます。ナイトキャップには髪の保湿効果・枝毛や切毛の予防効果もあるため、朝のヘアセットがぐっと楽になるでしょう。

まとめ

寝癖というと寝ている時の寝相に注目してしまいがちですが、原因は日々のヘアケア法の中に潜んでいます。

寝癖を予防するヘアケア法は、決して難しいものではありません。ドライヤーの使い方を見直したり、ちょっとしたアイテムを取り入れるだけで効果を実感することができるでしょう。

寝癖に悩んでいる方はこの機会に日々のヘアケア法を見直して、寝癖のつかない美髪を手に入れましょう。

しょうれん
美容と健康に興味のある主婦です。誰でも手軽にキレイになる方法を日々模索しています。趣味は旅行や美術館めぐりで、教養UPにもチャレンジ中です。

【あわせて読みたい】

日々のお手入れが将来を左右する?女性の薄毛の原因とは

美魔女を目指そう!アラフォーのキレイは日々の積み重ねで作る!

ネイルを楽しみたい!弱い爪を強化してキレイな指先を保つ方法

日焼けした時に。絶対やっておきたいアフターケア

使用者の93.5%がお腹痩せに成功!

おばさん体型だった私がくびれを手に入れた!

成功者続出!SNSでも話題沸騰!人気爆発中!

脂肪燃焼ダイエットパッチ【ヒートスリム42℃】

おなかに貼りつけるだけで、ハタチの頃
スリムな体型に!

世界初の仕組み「熱生成システム」が脂肪に直接アプローチ...続きを読む